読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の覚書

本と語学のはなし

マグダラのマリアと聖杯/マーガレット・スターバード

マグダラのマリアと聖杯

マグダラのマリアと聖杯

 諸悪の根源は男性原理が一方的に世界を支配してきたことにあり、今こそ女性原理の台頭すべき時である。したがって、イエスがマグダラのマリア(=ベタニアのマリア)と結婚し、子をもうけていたことが歴史的事実でなければならない。証明、火のないところに煙は立たない、Q. E. D.。
 イエスはダビデの子孫としてユダヤの王位を継ぐべきものであり、マグダラのマリアはサウルの子孫で王女となるべき身分の女性であり、彼らは実際に聖なる婚姻によって結ばれた。しかし、正統なイスラエルの王が誕生することは、ヘロデにとって見逃すことのできない危険なことであった。イエス逮捕の後に身重のマリアはアレクサンドリアに逃れ、サラという女の子を出産し、やがてフランスに至る。その地がサント・マリー・ド・ラ・メールである。彼女の身の安全のため、聖婚のことが福音書に書かれることはなく、やがて正統教会はこれを否定し去ることになる。
 聖杯、即ち聖なる器とは女性のことであり、イエスの血を受ける者のことである。この血統を密かに受け継いで、女性原理を守ったのが異端のカタリ派であり、メロヴィング朝テンプル騎士団もこれに由来し、錬金術もタロットカードも中世以来のシンボルを多く用いる絵画も民話も全てはその教義をカトリックに抗して伝承するための手段であった。
 著者は「私はそう確信している」とか「私はそう信じている」というフレーズだけを支柱にして、壮大な建築を構築しようとする。多様な解釈ができそうな場合でも、彼女は女性原理を読み取ることしか許さない。そしてあらゆる事象に女性原理が読み取れる以上、イエスには花嫁があったのでなくてはならないとする。だがそれは、説明にも何もなっていない。


 イエスは実際のところマグダラのマリアと結婚していたのか。それは分からない。
 だが、イエスがダビデ家の王子様で、マグダラのマリアがサウル家のお姫様で、二人してイスラエルに正統な王家を復活させようとしていたなんて言うのは、噴飯ものの妄想ではないだろうか。著者の考える女性原理とはそんなメルヘンチックなものなのだろうか。

広告を非表示にする

TIME September 26, 2016

Time Asia [US] September 26 2016 (単号)

Time Asia [US] September 26 2016 (単号)

 最初は発売日(月曜日)に届いてたのに、先週は一日遅れ、今週は二日遅れで届いた。アジア版は香港から発送されるらしいので、気象の影響でも受けるのだろうか。


 Susanna Schrobsdorff のエッセイから。
 宗教的不可知論者である著者は、カトリックの母親、無神論父親のもとで育った。ただし、母親は父親と駆け落ちして以来、教会には通わなかった。子供らに宗教教育は施さず、聖書のことを聞かれても文字通りに受け取ってはならないというだけで、祈りの言葉を口にすることもなかった。
 宗教的な単一性を持たない家庭は多いようで、そういう環境で育った子供たちはいかなる宗教にも属さない Nones となることも多いようだ。

 People like me are on the rise. The “Nones,” those who are not affiliated with any religion, or are agnostic, or just plain atheist, are now almost a quarter of the population, says a recent study out of Duke University. There are 19 million more Nones now than there were in 2007. And at 56 million strong, there are more Americans who are unaffiliated than there are Catholics and mainline Protestants, according to a 2015 Pew Research report. Fewer than half of young adults ages 18 to 30 are sure God exists. In a few years, the largest “religion” in the U.S. will be None.

 彼女がこの記事を書こうと思ったのは、ヨガにはまり、そのスピリチュアルで儀式的な面にも惹かれていることを意識して、困惑を覚えたからである。

ユダヤ戦記3/フラウィウス・ヨセフス

ユダヤ戦記〈3〉 (ちくま学芸文庫)

ユダヤ戦記〈3〉 (ちくま学芸文庫)

 『ユダヤ戦記』全巻読了。
 エルサレム陥落の後、最後はマサダの要塞も攻略される。ここに立てこもったユダヤ人たちは、ヨセフスの伝えるところによると、先ず妻子を殺し、残った男たちはくじを引いて処刑者を決め集団自決した。宮殿は焼き払われたが、しかし、飢えのために自暴自棄になったのだと思われぬために、あり余る食料はそのまま残しておいたという。


 訳者の秦剛平の信条のことはよく知らないけど、基本的にキリスト教は嫌いらしい。少なくとも、反ユダヤ主義と結びついたキリスト教が大嫌いである。エウセビオスの『教会史』も訳してるけど、そのヨセフス受容のゆえにこれを屑の書と呼んでいる。
 一方で、イスラエルナショナリズムも嫌いであるらしい。
 今後この人の著作とどう付き合っていくべきか、今のところよく分からない。

関連記事

広告を非表示にする