本の覚書

本と語学のはなし

楽々ズボラ菜園 コツのコツ/南洋

 ズボラと自称しているが、私の目にはむしろマメな人に見える。
 私の菜園と南さんのそれとは規模が全く違うので、不耕起を選択することで節約できる労力にも雲泥の差がある。私の小さな畑にとっては、節目節目で耕し直し、リセットする方がむしろ簡単なことのように思われる。不耕起のメリットを体力の温存に求めることはない。それで、ズボラと言われてもピンとこないのかもしれない。
 規模が違いすぎて真似の出来ないことは多い。南さんの畑は畝幅140センチで、株間も条間も畝間もたっぷりとる。この本では畝幅110センチを想定しているけれど、それでも一般的な家庭菜園としては広すぎる。連作障害を避けるために輪作を勧めるけれど、そのためには畝を10本以上作らなくてはならないとも言う。私にはとても無理である。
 ところで、有機栽培では土壌微生物が活躍するし、科の異なる作物を混植することが多いので、連作障害は起こりにくいと言われている。なぜ南さんが連作障害を気にしているのかと言えば、有機を理想としつつも化成肥料をばんばん使うし、異なる科の作物を混植することもないからである。輪作でローテーションするから汎用性のある広い畝が必要なのだとも言えるし、それだけの土地があるから混植する必要もないし完全有機に移行する必要もないのだとも言えるかもしれない。


 南さんの農業の特徴。
 三層マルチ。先ず畝の上に堆肥、刈草、油かす、鶏糞などを敷く。次に黒ポリマルチ、そしてその上に刈り取った雑草や残渣が載せられていく。雑草がはびこるのを抑えながら、土の中に豊かな動物や微生物の世界を広げることができる。冬の間はポリマルチを剥がし、上に載っていた草を畝に戻し、鶏糞や油かすを施して土ごと発酵させ、養生する。
 なるべく種を直まきし、底を切り取ったペットボトルで覆って保護する。
 道具はある物を利用して自作する。
 規模の問題は別としても、全面的に真似をするという訳にはいかない。断片的にアイディアを利用する程度かもしれない。

ぐうたら農法/西村和雄

西村和雄 ぐうたら農法

西村和雄 ぐうたら農法

  • 発売日: 2018/08/28
  • メディア: 単行本
 何がぐうたらであるかと言えば、土を耕さず一度立てた畝はしばらく使い続ける、雑草は抜かずに適宜刈り取るだけ、肥料はほんの少しだけ。植物の根やミミズや土中微生物が土を耕し、豊かにしてくれる。手間は減り、病害虫の被害は減り、連作障害はなくなり、作物はおいしくなるというのである。
 有機農法である。植物由来の肥料しか施さない。自作のぼかし肥料も、材料は米ぬかと油かすのみである。畜糞を使うのは有機の名に恥じると考えている。例外は蠣殻石灰くらいであるが、ぐうたら農法を続けていればほとんど酸度調整の必要はなくなるという。
 ポリマルチは使用しない。刈り取った雑草や緑肥、作物の残渣を畝に積み重ねて草マルチにする。畝に雑草が生えても、作物の生長に害のない限りは放っておく。
 支柱を立てる、ネットを張る、不織布などをべたがけする、トンネルを作るなどのための資材投入は許される。


 しかし、自称「ぐうたら」だの「ずぼら」(次に読むのは『ズボラ菜園』という本である)だのはあまり信用できない。
 畝に根っこがびっしりはびこるため、5年に1度はリセットして耕さなくてはならない。つまり、完全不耕起ではない。その上、時折畑にはびこる草の根を切断するためショベルを入れて掘り返すとか、モグラ被害に遭わぬよう畑の全面を耕起することすら勧めている(別の方法もあるようだが)。
 それでも4年間はぐうたらでいいではないかと思うかも知れないけれど、種をまいたり苗を植えたりするには、その部分の雑草をそぎ取り部分耕起して元肥をすき込む必要があるのだから、毎年案外手間がかかりそうである。
 西村さんの畑ほど草ぼうぼうにするのはちょっと遠慮したいが、秋にヘアリーベッチマメ科)とエンバク(イネ科)の種をまき、緑肥として使おうとは考えている。ポリマルチを使わなくてもいいのであれば、それに越したことはない。


 私の菜園の話。
 葉っぱの食害の犯人はナメクジであった。今のところ見つけたら捕まえるという以外の対策はしていないが、西村さんがすすめるのはビールで誘い出す方法である。試してみるかもしれない。
 気温が上がってどれも少しずつ大きくなってきた。しかし、試しに採ってみたラディッシュ葉大根もまだまだ小さい。収穫に至らないだろうと思われるものもある。やはり4月が寒すぎた。今から種をまき直すべきなのか、後学のためどういう経過を辿るか最後まで見届ける方がいいのか、迷っている。
 4月末に種をまいたつるなしインゲンと枝豆は割と順調に発芽した。

土がよくなりおいしく育つ 不耕起栽培のすすめ/涌井義郎

土がよくなりおいしく育つ 不耕起栽培のすすめ

土がよくなりおいしく育つ 不耕起栽培のすすめ

  • 作者:涌井義郎
  • 発売日: 2014/12/26
  • メディア: 単行本
 耕さないための方法は幾つかあるだろう。コンテナ栽培をする、あるいは畝を木枠やレンガなどで囲い込んで畑をコンテナ化する、というのも悪くないかもしれない。
 しかし、この本で紹介されているのは、耕す必要のない土を作る方法である。耕すのは人間ではなくて、植物の根であり、土中に棲む小動物や微生物である。肥料は植物の栄養であるよりも、むしろ微生物の活動を促して土を作るために施されるものであり、土が良くなれば次第に施肥の必要も減少するのだという。植物と生物の多様性が実現できれば、害虫や病原菌の被害も減るのだという。
 地力を蓄えるのは一朝一夕に出来ることではない。多様な生物相が周囲に迷惑がられることもあるだろう。様子を見ながら少しずつ進めるのがよさそうだ。