本の覚書

本と語学のはなし

TIME June 4, 2018

Time Asia [US] June 4 2018 (単号)

Time Asia [US] June 4 2018 (単号)

 月に二か月分を読んで、溜まったタイムを少しずつ減らしていこうと思うのだけど、結局半月でまだ二冊しか終えていない。
 今後は英語とフランス語に再び力を注ぐ。小説と時事雑誌を読みこなし、ニュースと映画のセリフも聞き取れるようになりたい。


 英国王室についても、存続を望まない人たちはいる。ロイヤル・ウェディング特集の中に、Who needs the royals? (by Graham Smith) という記事も載せられていた。

The discussion about the value of the monarchy misses the most important point of all: the damage it does to our democracy. The Crown is the centerpiece of Britain’s rotten constitution, giving us a head of state who lacks independence or purpose, who can do only what she’s told by our Prime Minister. The costs of the monarchy are considerable, the gains fleeting, mythical or the stuff of PR fantasies. While Britain may not be a nation of republicans yet, it’s certainly no longer a nation of royalists. (p.35)

TIME May 28, 2018

Time Asia [US] May 28 2018 (単号)

Time Asia [US] May 28 2018 (単号)

 転職活動は振り出しに戻り、恐らくカトリックとはもう縁がなくなり、鷗外なんぞをまた読み始めてみたり。


 マンチェスター事件後のアリアナ・グランデ

 Here’s what Scooter Braun, Grande’s manager, tells me about what happened last summer, after the terrorist attack in Manchester. Grande had flown home to stay at her grandmother’s house in Boca Raton, Fla., and Braun met her there, where he asked her to do something that, he says, he knew at the time was unfair. “I said, ‘We need to get a concert and get back out there.’ She looked at me like I was insane. She said, ‘I can never sing these songs again. I can’t put on these outfits. Don’t put me in this position.’” They decided to cancel the rest of the tour.
 Two days later, Braun was on a flight, and he landed to find 16 text messages from Grande saying, “Call me. I need to speak to you.” When they finally spoke, she said, “If I don’t do something, these people died in vain.” They decided to put on a concert in Manchester to benefit the families that were affected. (p.38-39)

2018年9月【振り返り】

フランシスコ会訳聖書でヨブ記を終え、詩編を途中まで。
▼職場でキンドル版の口語訳を試してみる。詩篇少々。
▼再びフランシスコ会訳に戻り、詩編、ローマの人々への手紙を終える。


▼あるカトリック施設の事務職に応募し、面接を受けた。
▼感触は悪くない。一応カトリックの洗礼を受けている人間が応募したのだから、何とか可能性を見出そうとしていたのかもしれない。何しろ職員の大半は信者ではないのだ。しかし、事務以外の仕事の比率も大きく、その点でどうしても女性が望ましいと考えているようであった。運転手以外に男性を雇ったことがないらしい。
▼結果は不合格。経歴が怪しいのと、カトリックでありながら教会に通っていないことが大いに問題視されたのだろうが、恐らく一番の瑕疵は私が女性でないということであったのだろう。
▼面接には神父さんも同席した。これでますます教会に行きづらくなった。在宅のカトリックを続けるか、プロテスタントに宗旨替えするか、考えてみなくてはならない。


▼父が入院した。動脈瘤が大きくなっているのが見つかったのである。しかし、手術をしたり、ステントを入れたりするのには、リスクがある。病院の判断は何もしない方がよいというものであり、家族もそれを受け入れた。
▼一通り検査を終えて退院した。


雑誌