本の覚書

本と語学のはなし

【モンテーニュ】破滅するしかなかった【エセー2.4】

Nous autres ignorans estions perdus, si ce livre ne nous eust relevez du bourbier: (p.363-4)

もしもこの書物が、われわれを泥沼から引き上げてくれなかったなら、われわれのごとき無知な人間は、破滅するしかなかったにちがいない。(p.76)

 モンテーニュ『エセー』第2巻第4章「用事は明日に」を読了する。
 プルタルコスを訳したアミヨへの讃辞から、この章は始まる。アミヨはなにもモンテーニュを通じてのみ現代に生きているわけではなくて、古典学の世界では今でもその訳業に言及されることがしばしばある。偉大な学者なのである(彼は学者という肩書きしか持っていないわけではないが)。
 アミヨが「時宜にかなった書物を選んで、祖国へのプレゼントとしてくれたこと」に感謝しつつ、モンテーニュは、プルタルコスなしには「破滅していたかもしれない」とまで考えるのである。


 ところが、それに続けて、たった今読んだばかりのプルタルコスの判断について、少しばかり異議を唱えている。
 だが、これこそはプルタルコスが泥沼から救ったことの確かな証拠であるのかもしれない。どこかの禅僧が言っていたことだけれど、見解が師と同じようでは、師の半徳を減じるものであるということだ。


 モンテーニュは、プルタルコスの文章について、「あれほどに面倒で、むずかしい著作」と言っている。どこかでそんな話を聞いたか読んだかしたのかもしれない。友人のラ・ボエシも倫理論集の小編を翻訳している。
 あるいは、自分で原文を読んでみたか、読もうとしてみたことがあったのかもしれない。「こっちはギリシア語が皆目わからないときているのだから」とは本人の証言だが、宮下志朗に言わせれば、「謙遜であり、実際はかなり読めたと思われる」のである。

エセー5/モンテーニュ

 第2巻第13章から第37章まで。すなわち、「レーモン・スボンの弁護」のあとの第2巻全部である。
 初版の『エセー』はここまでである。もちろん、我々はここまでにも、後の加筆を一緒に読んでいるわけではあるが。

わたしは自分の行動に関しては、知恵にはあまり役割を与えないで、むしろ、世の中の公共秩序が導くままに任せるたちだ。(2.17, p.109)

 案外常識的で、保守的な人間なのである。もっともそれは、モンテーニュの外的な行動の指針であって、そのままそれを内的領域に適用することはできないかもしれない。

わたしの計画の場合、もっとも長期のものでも、一年は超えない。今はもう、終わらせることしか考えていないのだ。新たな希望や企てといったものとは手を切って、どこに行っても、そこを立ち去るときには最後の別れを告げる。そして、毎日、自分の持っているものを処分していくのだ。(2.28, p.207)

 この言葉のために、私は1年で全部を読み終えることのできる程度の分量の著作家にこだわり、1年ごとに、これが最後かもしれないと思いつつ、繰り返し読んでいくことを着想したのである。
 だが、至りついたところはモンテーニュセネカプルタルコスであって、邦訳ですらそうとう頑張らないと1年で全てを読むことはできない。まして原文では何年かかるかしれないし、プルタルコスなどはおそらく読み切れないだろう。
 今はもう、それでよいと思っている。モンテーニュの翻訳さえ毎年通読できるのなら、あとは1年と決まった事業ではなく、いつ中断されてもよいと考えるのである。


 第31章「怒りについて」はプルタルコスの賞賛から始まり、至るところ、プルタルコスセネカが利用されている。続く第32章「セネカプルタルコスを弁護する」では、彼らへの批判に対して弁護を買って出る。
 それほどに、モンテーニュセネカプルタルコスに親しみ、彼らなしには破滅していたかもしれないとまで思うほどなのである。実際、セネカプルタルコスを読んでいると、どこかで聞いたような話がたくさん出てくる。そのほとんどは、モンテーニュが戦利品として『エセー』のあちこちにちりばめていたものである。
 セネカプルタルコスの本に、モンテーニュを参照するための注があればいいのにと思う。モンテーニュを読みながら、自分で書き込んでいくしかないのだろうが、私は学者でもないし、怠け者でもあるし、そこまではやらない。

【モンテーニュ】苦痛と悪しき死【エセー2.3】

La douleur insupportable et une pire mort me semblent les plus excusables incitations. (p.362)

わたしには、自死への誘惑のなかでも、苦痛と、悪しき死は、もっとも許せるものだと思われる。(p.69)

 モンテーニュ『エセー』第2巻第3章「ケオス島の習慣」を読了する。
 上のテキストには「耐えがたい苦痛」とあるが、1595年版に「耐えがたい」という形容詞はないそうで、宮下の訳ではただ「苦痛」となっている。


 話題はもっぱら自殺のことである。センシティブなトピックスであるから、モンテーニュは自説を自由に語りはしない。プロスとコンスの具体例を並べてゆくばかりである。
 キリスト教ではふつう自殺は罪と考えられている。だが、モンテーニュは許されうる自殺もあるし、それがキリスト教と矛盾することもないはずだと思っていたようである。
 プリニウスは、自殺してもかまわない病気に3つあり、その筆頭に膀胱結石を置いていたそうだ。モンテーニュは若い頃から死を恐れた人ではあったが、結石を患ったがために死をほんとうに直視し、その痛みを手懐けつつ死に親しんでいったのであろう。