本の覚書

本と語学のはなし

2019年6月【振り返り】

▼塾に転職することはなさそうなので、学校の勉強の学び直しは止めてしまった。
▼数学だけでも続けようと思っていたのだが休止。『枕草子』も放置。


▼代わりに、聖書学と英語とフランス語にまた力を入れる。
アラム語文法を再開。ヘブライ語と大差ないのだろうけど。
ラテン語アウグスティヌス、ドイツ語でタイセンを読む。しかし、どうせ中途半端にしか出来ないのだから、結局、羅独は聖書原典講読の際に翻訳を参照するに留めることにする。


アマゾンプライムの更新は見送る。
▼シナリオを持っているものの動画は購入済みなので、当分それらを繰り返し見る。