本の覚書

本と語学のはなし

TIME May 14, 2018

CNN ENGLISH EXPRESS 定期購読解約

 今年の7月号から1年間の定期購読を申し込んであったが、11月号をもって解約することにした。
 今まで取り組んできた6冊だけでも十分効果を感じている。更にこれから6冊。これで大分仕上がるのではないだろうか。
 私はこの雑誌に新しい情報を求めているわけではないから、必要があればこの12冊を繰り返し利用すればよい。

TIME 定期購読更新

 来年の2月まで定期購読期間は残っているが、早くも更新の案内が郵送されてきた。52号分(1年分)が1号あたり365円、プラス22号分が無料。おまけも含めて均すと1号あたり約257円である。
 たしか前回も同じ内容で更新したはずだが、多分これが一番安い。2020年7月20日号まで送られてくることが確定した。


 問題は、積ん読が大分溜まってしまっていること。
 電子版がキンドルにも対応していると職場でも読みやすいのだけど(文字の大きさを変更できるのはありがたいし、たぶん辞書機能も便利だろう)、タイムが定期購読者に提供しているのは iPhone & iPad 版だけであり、私には利用が出来ない。

TIME May 14, 2018

Time Asia [US] May 14 2018 (単号)

Time Asia [US] May 14 2018 (単号)

 ようやく本題である。
 映画批評の Stephanie Zacharek はいつもいい文章を書く。今回は Ocean’s 8 をとりあげて。

Good movie clothes speak movie language, not brand language. They’re like lines of dialogue written in folds and shadows; the way they move with, or against, an actor becomes part of the performance. A good glam caper needs great clothes, ensembles that inspire not “How much is it and where can I get it?” acquisitiveness but something deeper and less tangible, a kind of moody yearning. That’s a tall order for a bunch of cheetah spots. But it’s never too late to learn how to read their secret language. (p.43)

 衣装が語るのは映画の言語であって、ブランドの言語ではない。


 Condoleezza Rice 元国務長官への7つの質問より。

Are Trump and Putin engaged in a new Cold War?
I don’t describe it as a Cold War because the Cold War had very specific characteristics. It was a challenge between two systems that had a view of how human history ought to unfold. They were mirror images of each other. This now is really more great-power rivalry, great-power conflict. There’s no doubt that it comes from the fact that Putin is trying to rebuild Russian influence. (p.52)

 かつての冷戦は二つのシステムによる歴史認識の戦いであったが、現在の米ロの対立は大国同士が力を誇示せんがために起こっているものである。