本の覚書

本と語学のはなし

2018年7月【振り返り】

フランシスコ会訳でホセア書を読む。
▼ハーフボリュームの新共同訳を職場に持って行き、ヨエル書、アモス書、オバデヤ書、ヨナ書を読む。
▼バルバロ訳でミカ書を読む。
▼再びフランシスコ会訳に戻る。ナホム書、ハバクク書、ゼファニヤ書、ハガイ書、ゼカリヤ書、マラキ書、ヨハネの黙示録を終え、何度目かの通読を完了。
▼恐らく聖書講読はエンドレスに続いてゆく。現在はフランシスコ会訳で創世記。


ル・モンド・ディプロマティクは量はあまり読めていないけれど、読む楽しみは理解しつつある。
CNN ENGLISH EXPRESS はマイペースで。毎月の刊行に合わせて急ぐことではなく、しっかりシャドーイングをすることが目的である。一年間の定期購読を申し込むべきではなかったと反省している。
▼タイムは更に遅れが拡大。当面は週二冊読むくらいのつもりで。


▼夜勤明けに映画を丸ごと一本見るのはやめる。長すぎる。
▼代わりに、一話三十分程度のドラマを見る。


▼鼻水と咳がなかなか治らなかった。暑さのあまり冷房をつけっぱなしにしたり、窓を解放しっぱなしにしたりして寝てしまうのが原因である。
▼久しぶりに部屋の掃除をした。ものを散らかす方ではないが、埃を気にしないのだ。しかし掃除機に溜まった量を見ると、健康に有害なレベルであるに違いなかった。
▼ロザリオの四つの神秘、それぞれの五つの黙想を、A4の紙一枚にまとめて、一覧できるようにした。


▼初めて老眼鏡 (+1.5) を買ってみた。小さな文字にピントを合わせにくくなってきた。最近本を読まなくなったのも、ただ単に気力の減退だけが原因ではなかったのかもしれない。
▼老眼鏡を眼鏡の上から装着すると、丁度良い距離でピントが合う。とうとう私もこんなことをするようになってしまった。
▼眼鏡タイプの拡大鏡 (1.6倍) も買ってみた(しきりに宣伝している高いものではない)。眼鏡の上からでも掛けられるようにできているので老眼鏡の場合ほど無理はないが、じゃっかん焦点の距離が近い。
▼いずれにしろちょっと疲れるし、一段と目が悪くなりそうな気もする。


雑誌