本の覚書

本と語学のはなし

TIME April 9, 2018

Time Asia [US] April 9 2018 (単号)

Time Asia [US] April 9 2018 (単号)

 このところ調子が上がらない理由。
 同僚が入院して、休日が少ない。来月復帰することが決まったが、フルで働くのはたぶん再来月から。
 暖かくなったり寒くなったりで、睡眠の質がよくない。就寝中の冷えに、私はことのほか弱いようだ。
 プライムビデオの映画を見過ぎている。一言でも感想を書いておくべきかもしれないが、とりあえずは月末にまとめてタイトルだけ記録しておく。掃除屋が出て来るようなものばかりである。


 このところ南北朝鮮統一の可能性が取り沙汰されるようになった。
 4月9日号の記事でも、既にこの問題に触れている。

“I think Kim Jong Un will offer the reunification of the Koreas,” says Choi, a former North Korean intelligence officer who asked to be identified by his last name. That wouldn’t mean the end of North Korea as a state, but a symbolic fusing in name, with the countries ramping up cooperation. An agreement could look similar to China and Hong Kong’s “one country, two systems.” (p.37)

 北が考えているのが中国と香港のような一国二制度の繋がりであるとすると、その狙いは何なのか。

Cooperation across the DMZ may be Kim’s primary goal, says Choi. Smoothing relations with South Korea will make it harder for Washington to unleash sanctions or a military strike against the North. But that would be highly divisive for South Koreans, who distrust Pyongyang while also being wary of U.S. escalation given their vulnerability. “Kim Jong Un wants to drive a wedge in the South Korea-U.S. alliance,” says Choi, “to use South Korea as a human shield.” (ibid.)

 アメリカの経済制裁や軍事行動の標的となることから逃れること。いずれにしろ、金正恩は米韓の同盟に楔を打ちこみ、南を「人の盾」として用いたいと考えているようだ。
 これは、かつて北朝鮮の諜報部に属していた Choi という人物の見立てである。