読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の覚書

本と語学のはなし

旧約聖書Ⅸ エゼキエル書/旧約聖書翻訳委員会訳

旧約聖書〈9〉エゼキエル書

旧約聖書〈9〉エゼキエル書

 エゼキエルはエレミヤとほぼ同時代の預言者。バビロニア捕囚の前後に生きた、祭司の家系の人らしい。エレミヤは捕囚後もユダの地に残り、やがて総督ゲダリヤ暗殺の混乱の中、エジプトに連れて行かれた。一方、エゼキエルはバビロニア捕囚民となり、かの地で幻を見て、預言をしている。そんな中でも、両者は共通して、バビロニアによるエルサレムの蹂躙を神の意志と見たのであった。

 エゼキエル書は三部に分かたれる。
 第一部(1-24章)はユダとエルサレムに対する預言集。すなわち、その堕落がバビロニアによる捕囚を招いたとする。
 第二部(25-32章、35章)は諸国民に対する審判預言集。主としてツロとエジプトに対する審判預言であるが、いずれもユダにおける反バビロニア的熱狂主義者たちがそこに希望を見出していたことが、ツロとエジプトの驕りを批判する背景にはあったらしい。一方で、エゼキエルには、バビロニアに対する審判預言は見当たらない。
 第三部(33-34章、36-48章)はイスラエルの救済預言集。最後は、しかし、ヤハウェの聖なる名のために、イスラエルの民は神によって回復される。そして、新たな神殿の幻が長々と詳細に描写されて終わるのだが、この部分は読むのがちょっと辛い。

 三大預言書を読み終えた。イザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書である。キリスト教旧約聖書では、エレミヤ書とエゼキエル書の間に哀歌が挟まり、エゼキエル書と十二小預言書(ホセア書からマラキ書まで)の間にダニエル書が挟まるが、現行のヘブライ語聖書では哀歌もダニエル書も最後の諸書の内に収められる。岩波の聖書はヘブライ語聖書の分類に従っているので、次に読む旧約文書は十二小預言書になる。

広告を非表示にする