読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の覚書

本と語学のはなし

あさきゆめみし (7)/大和和紀

あさきゆめみし(7) (講談社漫画文庫)

あさきゆめみし(7) (講談社漫画文庫)

 薫は浮舟を宇治にかくまうが、匂の宮はこれを発見して関係を持ち、二人の間で揺れ動く浮舟はついに入水し、死んだものとみなされ、ところが横川の僧都に助けられ、中将の求愛を逃れて出家し、これは薫の母の女三の宮が不義をなした時と似ているようだけど、あるいはもっと主体的に自由を求めた結果かもしれず、やがて彼女が生きていることは薫に知られるのだけど、彼女は尼として生きてゆく道を押し通して、はるかに広い世界を獲得したかのようである。


 これで全巻読了。
 河野裕子が「たとえば君ガサッと落葉すくふように私をさらつて行つてはくれぬか」と詠んでいるが、光源氏が紫の上を攫い、薫が浮舟を攫ったようなものに、女性は本当に憧れるものなのだろうか。私にはその心理が理解できないが、そういうものは『源氏物語』を読む一瞬だけ分かったような分からないような気になる程度でちょうどいいのだろう。

広告を非表示にする