本の覚書

本と語学のはなし

先月の「のべらっくす」を読み始める

▼みなさんが遅ればせながらと恐縮して感想を書き終えた頃になって、私はやっとみなさんの作品に目を通し始めました。すみません。全部読むにはまだ時間がかかりそうです。
▼時間的な問題というよりは、恐怖が先に立ったという感じ。振り返りの感想も、自分のところだけ恐る恐る横目で見て、すぐ閉じて。
▼まだ4分の1ほどしか読んでいませんが、こんなにレベルが高かったのかと驚いています。短歌の方も参加継続の危機を感じているわけですが、こちらもどうも続けられるかどうか。

広告を非表示にする