本の覚書

本と語学のはなし

The Historical Jesus : An Essential Guide/James H. Charlesworth

The Historical Jesus: An Essential Guide (Essential Guide (Abingdon Press))

The Historical Jesus: An Essential Guide (Essential Guide (Abingdon Press))

▼チャールズワースによる史的イエスの入門書。
▼著者にとりわけ顕著なのは、イエスを敬虔なユダヤ教徒として捉える姿勢である。ただし、それは当時のユダヤ教の指導者層に従順であることを意味しない。とりわけ過度に清めにこだわった教えには反抗した。

Over the past forty years, scholars have generally come to comprehend that Jesus must not be understood over against Judaism. They are now also recognizing it may be misleading to think about Jesus and Judaism. Most leading Jesus Scholars are attempting to comprehend Jesus within Judaism. (p.48)

▼イエスはユダヤ教とは関係なしに独創的な教えを説いたわけではない。かといって単なる影響関係を論ずるだけではまだ足りない。ユダヤ教の内側から捉えなおす必要があろう、というのが現在の大勢であるという。


▼この本では史的イエスに関わる27の疑問を提示し、それに答えるという体裁になっている。最後の第10章でそれをまとめてくれている。
▼その中から、なぜ史的イエスの探求が必要なのかという第1の疑問とその答えを書き抜いておく。史的イエスを学ぶ理由は多くの場合、信仰に抗するためではなく、逆に強い信仰のためであることがよく分かる。

1) Why is Jesus research necessary? It is necessary because Christianity is a historical religion. Its theology is based on history. A particular person, Jesus, performed some particulars that are particularly important for my own self-understanding and salvation. The incarnation is fundamental to Christianity. Without a Jew named Jesus, there can be no faith in him. And a resurrection presupposes a person who has lived. It is imperative then to explore how much reliable information, and with what certainty, can be obtained concerning the life and thought of Jesus from Nazareth. (p.119)

▼それがややチャールズワースの結論を急がせている感はある。

日本語訳

これだけは知っておきたい史的イエス

これだけは知っておきたい史的イエス

▼今回参照はしなかったが、邦訳も出ている。もしかしたらいずれ買って読むかもしれない。
▼まあ、それなら最初から日本語で読めという話ではあるが。

広告を非表示にする