本の覚書

本と語学のはなし

『図解 いちばん面白いファイナンス理論入門』

●永野学『図解 いちばん面白いファイナンス理論入門』(東洋経済新報社
 「数学ナシでわかるプロの知識」と謳ってある。なんだか物足りない。
 数式を用いると難しくなりすぎるのは承知している。今の私ではとても読むことはできない。数学を勉強したい。数式の意味するところが理解できる程度でよいのだ。
 実務のためには、数学はそれほど重要ではないのだろう。理論はあくまで仮定された純粋な条件の下でのモデルに過ぎない。あるいは起きてしまったことを事後的に説明するための仮説でしかない。結論だけは頭に入れて、それを参照するもしないも実務者しだいということでよいのだろう。
 しかし、私の立場としては、半ば実務、半ば理論の人であるべきで、儲けるために有効であるか否かは別として、理論も可能な限り根本から理解しておきたい。途中で投げ出してしまう可能性は大きいが。


広告を非表示にする