本の覚書

本と語学のはなし

『英語うまいと言われる和訳の技術』

●宮崎伸治『英語うまいと言われる和訳の技術』(KAWADE夢新書)
 厚めの本を読む時間はないけど、翻訳技術に興味があって、ちょっとのぞいて見たいという人向け。あっという間に読み終わる。
 実際にはあまり役に立ちそうにない。技術がどうこうと言うのではなくて、本として安直に過ぎる。自分の技術を体系化するために普段から例文を収集している訳でもなく、企画のために数冊本を読んで適当な文章を拾ってみただけ、という感じ(に見える)。


広告を非表示にする