本の覚書

本と語学のはなし

『アンナ・カレーニナ』

 《当然のことだ》―――と彼は、自分の考えが回想と思考のまた同じ魔法の環に向かって三度目に辿りかけたときに、そうくり返した。そして胸の左側にピストルをあて、まるで拳の中でいきなりそれを押しつぶそうとでもするかのように、片手で力一ぱい握りしめると、引金をひいた。(トルストイアンナ・カレーニナ』)

広告を非表示にする