本の覚書

本と語学のはなし

2019年5月【振り返り】

▼人に勉強を教えることはなさそうな気がしてきたので、学び直し計画を大幅に縮小することにした。
▼小中学部門は、中学の数学、理科、社会のテキストを終えたところで休止。
▼高校部門は、古文、漢文、英語、世界史、日本史、数学(理系を含む)を継続しようとは思う。ただし、古文、漢文と英語はなるべく早く受験参考書を離れたい。


▼現在も参考書に没頭しているばかりではない。捗ってはいないけれど、ヘブライ語ギリシア語もフランス語も『枕草子』も読んでいる。
▼再び聖書学に傾くのか、英語とフランス語を完璧に仕上げるのか、それらに学校の勉強も加えて万遍なく学んでいくのか、選択をしなくてはならない。