本の覚書

本と語学のはなし

2018年3月【振り返り】

▼雪かきは月初めに終了したのだが、その後も今一つ調子に乗ることができない。
▼TIME がだいぶ遅れてしまったが、焦ることなく丁寧に読む。それでも、それなりのスピードはキープできるようになった。


▼TIME は来年の2月まで送られてくる(恐らく、その後も続けるだろう)。それに加えて、定期購読をふたつ申し込んでしまった。果たして毎月全部こなしていけるのか心もとない。
CNN ENGLISH EXPRESS を7月号から再開することにした。ゆっくりじっくりではなく、とにかく量。数か月分の勉強だけでも、耳が大分鍛えらた実感がある。一年か二年継続すれば、かなりの域に達することができるはず。
▼Le Monde diplomatique は一度解除したのだが、6月号から再挑戦することにした。挫折する可能性は大である。だめなら、フランス語では文学を読むだけにしておこう。


スクリプトを入手して、丁寧に映画を見て行こうという試み。漸く一本目の『チャーリーズ・エンジェル』が終了した。それと同時に、プライム閲覧期間も終了してしまった。試しに動画を購入する。
▼二本目は『プラダを着た悪魔』。セリフがたくさん。これも近々プライムから外される予定になっている。スクリプトを用いた英語学習の教材は、見放題から適当にピックアップするのではなく、動画を購入してでも見たいものを選択するべきだろう。


▼新共同訳聖書。歴代誌下を終え、現在は使徒言行録。


 

雑誌