本の覚書

本と語学のはなし

TIME March 12, 2018

Time Asia [US] March 12 2018 (単号)

Time Asia [US] March 12 2018 (単号)

 これで一週間遅れまで回復した。先週号は休みだったので。一週間の遅れはほとんど気にしなくてよい。休みに一気に追いつくことも出来るし、むしろ常にその程度の遅れがあった方が、怠けずに取り組むことができるかもしれない。
 前回溜めこんでしまった時との大きな違いは、焦ることなく丁寧に読んでいること。職場でも電子辞書を使って、可能な限り不明な点を残さないようにしている。それでも、時間が掛かりすぎるということはない。継続は確かに力であるようだ。


 全米ライフル協会は銃を持つ権利を守る団体であって、銃の売り上げに関心を払うことはない。というのは建前であって、銃器製造会社が儲からなければ、NRA の資金も厳しくなる。
 逆説ではあるが、トランプ大統領になって銃のセールスは落ち込んでいるらしい。銃が売れるのは、規制によって銃の入手が困難になるという憶測が流れるときであって、むしろオバマ大統領時代の方がよほど銃器業界は潤っていたようだ。
 NRA にとっては、銃規制の議論がなされる方が(実際に厳しい銃規制が導入されるのは困るが)、ありがたいのである。
 引用はちょっと長め。

There may be another explanation for the Republicans’ talk of modest new gun restrictions: money. Gun manufacturers are in the midst of the worst business crisis in decades, with double-digit sales drops driving some to the brink of bankruptcy. The NRA, which gets its funding not only from individual members but also major gunmakers, is in a position to help. Nothing gooses gun sales like the threat of new gun-control measures. And behind the scenes, two senior GOP officials tell TIME, the NRA has given lawmakers the green light to float new gun limits without the threat of retribution. The logic: introducing those policies―or even better, debating them―will be good for business. Jennifer Baker, a NRA spokeswoman, denied that her organization made such overture to Congress and said the RNA’s main concern was not gun sales but rather defending gun rights. (p.14)