本の覚書

本と語学のはなし

TIME January 15, 2018

Time Asia [US] January 15 2018 (単号)

Time Asia [US] January 15 2018 (単号)

 雪の峠は越えたようだ。家の前や道路に溜まっていた雪を少し片づける。
 道路には消雪パイプが敷設されている。しかし、我が家の前では水の出が悪く、舗装は長年の使用によるゆるやかな凹凸のためにうまく水の載らない部分もある。雪が残りがちなのである。
 近くに小さな川があるから、運搬用一輪車で雪を捨てに行く。だが、タイヤがパンクしていて、わずかな距離を運ぶのも重労働であった。すぐにアマゾンでノーパンクタイヤを注文した。


 長い歴史の中で初めてゲスト・エディターを迎えて作られたタイム。
 そのゲストとは、フィランソロピストとしても知られるビル・ゲイツである。これまでもタイムに寄稿することは度々あった。思想的に相性がいいのだろう。
 今回のテーマはオプティミスティックに行こうというもの。編集者として彼はこう書いている。

 To some extent, it is good that bad news gets attention. If you want to improve the world, you need something to be mad at. But it has to be balanced by upsides. When you see good things happening, you can channel your energy into driving even more progress.
 That is what I hope you will take from this issue of TIME. I’ve asked some of the people I respect most to write about what makes them optimistic. You’ll learn surprising facts about the state of the world, and you’ll meet heroes who save lives every day. It’s a crash course in why and how the world is improving. I hope you’ll be inspired to make it even better. (p.2)