本の覚書

本と語学のはなし

TIME November 13, 2017

Time Asia [US] November 13 2017 (単号)

Time Asia [US] November 13 2017 (単号)

 休日にタイムに専念しようとするのは逆効果のようだ。すぐに眠くなる。やるべきことをやってから取り掛かるのがよい。
 今一番迷っているのは、フランス語で何を読むのかということ。セレクション・リーダーズ・ダイジェストは日常的なフランス語を習得するのに一番よさそうである。ル・モンド・ディプロマティクはタイムとはまた違った視点から世界を眺めることを可能にしてくれそうである。いずれも捨てがたい。でもやっぱり文学を離れては、フランス語を学ぶ甲斐もないように思われる。
 可能かどうか分からないが、セレクションとディプロのいずれかとフランス文学をしばらく続けてみたい。


 カバー・ストーリーは中国の勝利。
 いつもリスク・レポートを書いている Ian Bremmer が、中国の全体主義的な不気味さに言及しつつも下した結論。

The China striding into the spotlight is not guaranteed to win the future. In this fragmenting world, no one government will have the international influence required to continue to set the political and economic rules that govern the global system. But if you had to bet on one country that is best positioned today to extend its influence with partners and rivals alike, you wouldn’t be wise to back the U.S. The smart money would probably be on China. (p.19)

 一方、Richard Haas という人は、習近平にもジレンマがあるのだ言って、こう結論する。

He may be tempted to turn to a more assertive foreign policy as an alternative way to demonstrate the party’s legitimacy and right to rule. But in so doing he could jeopardize the stability that has contributed so directly to China’s economic growth. The only thing that is certain is that the future of China is much less assured than commonly assumed. (ibid.)

 一帯一路に取材した Charlie Campbell の言葉。

The new Silk Road is the purest illustration of Beijing’s expanding influence as Washington is consumed with partisan bickering and fumbles for a coherent foreign policy. China has wrapped an amorphous group of project into a tidy package that speaks to inclusiveness, cooperation and altruism: as a green leader, despite being the planet’s worst polluter; as a champion of free trade and investment, despite wreathing its economy in protectionist red tape; as a good guy, despite acting as an authoritarian state that is a serial violator of human rights. (p.26)

 ここに出て来るチャンピオンというのは、優勝者のことではなくて、主義主張の擁護者のことである。