本の覚書

本と語学のはなし

TIME August 21, 2017

Time Asia [US] August 21 2017 (単号)

Time Asia [US] August 21 2017 (単号)

 自分の細胞を抜き取り、遺伝子組み換え操作を加えて、再び自分の体に戻す。画期的ながん治療の方法が確立しつつあるらしい。

TURNING THE BODY INTO A CANCER FIGHTER
A breakthrough new approach, awaiting FDA approval, has the potential to transform cancer treatment by converting the body’s own cells into cancer-destroying agents. Here’s how it works:


① T cells―which can seek and destroy cancer cells―are extracted from a patient’s blood


② In the lab, the T cells are genetically modified to produce chimeric antigen receptors (CARs) that make them better cancer fighters


③ That CAR T cells are grown in large numbers in the lab and are infused back into the patient


④ The CAR T-cell receptors recognize unique proteins on the cancer cells. They latch onto the proteins, triggering the T cell to destroy the cancer cell (pp.30, 31)

 イメージとしては、T 細胞に遺伝子操作を加えて、レセプター(CAR )という触手のようなものを作る。これががん細胞に特有のたんぱく質を見分けて、がっちり捕まえる。そして本体の T 細胞ががん細胞を破壊する、ということであるようだ。


 応募しようか迷っていた求人の掲載期限が来た。前回はすぐに延長されていた。今回はそのまま消えてしまった。
 他にも塾講師やそれに類する仕事の求人は幾つかある。今のところ受けてみようという気にはなれない。
 講師にこだわるべきか否かすら決めかねている。だが、中学の五科だけは一通り勉強し直しておこう。