本の覚書

本と語学のはなし

Le Monde【購入】

 久しぶりに Le Monde Sélection hebdomadaire を購入した。週刊のル・モンド。日刊紙のダイジェスト版みたいなものである。
 昔、定期購読していたことがある。OCS(海外新聞普及会社)というところを通じて取り寄せていた。今ホームページを見ると、料金はメールで問い合わせをする制度になったようで(以前はホームページ上で調べることができた)、面倒くさい。


 届いたのは5月27日号である。フランスで発売されたものが日本に送られて来るようだから、少し古い。
 一つ見出しを紹介しておく。日刊紙では5月24日に掲載されたもののようだ。

Manchester endeuillée par le terrorisme
Un kamikaze a commis un attentat à la fin d’un concert pop, lundi 22 mai au soir, à Manchester. C’est la pire attaque terroriste au Royaume-Uni depuis les attentas de Londre en 2005

 訳すと「テロの悲しみに包まれるマンチェスター:5月22日(月)夜、マンチェスターにてポップコンサート後に自爆テロ。英国では2005年のロンドン以降、最悪のテロ」という感じ。
 Kamikaze は「自爆テロを行う人」というような意味だと思うが、もちろん語源は「神風」である。フランス語ではカミカゼもしくはカミカーズと発音される。


 実を言えば、月刊の Le Monde diplomatique を買うついでに、送料対策として『キリスト教書総目録』とともにカートに入れたのである(『目録』は取り寄せなので、発送まで暫く時間がかかる)。
 ところが、ディプロの方は注文後に在庫がないことが判明して、キャンセルされた。それでセレクションだけ送られてきたのだ。
 今、定期購読の可能性を考えているのは、ディプロの方である。アマゾンでは買えない。紀伊國屋なら、送料を無料にするために新書か文庫本を一冊添えて、月ごとに注文することになるだろう。*1fujisan.co.jp なら、一紙あたりの金額はじゃっかん割高だが、送料はかからないし、在庫切れを心配することもない。


 ディプロとはどんな雑誌か。
 最新号は6月号であるが、紀伊國屋ではまだ取り扱っていない。私が注文した(そしてキャンセルされた)5月号を、ホームページから紹介してみる。音声もちょっとだけ聞ける。

*1:定期購読は1月スタートか7月スタートしかなく、今からでは7月スタートには間に合わない。それに、確か送料もかかるはずである。

広告を非表示にする