読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の覚書

本と語学のはなし

TIME April 10, 2017

Time Asia [US] April 10 2017 (単号)

Time Asia [US] April 10 2017 (単号)

 パソコンがしばしばクリックに反応してくれない。
 マウスを古いのに変えてみたら今のところ問題はないようだが、何分だいぶ年月が経ってしまったし、もろもろ快適ではないこともあるので、そろそろ買い替えの時期が迫っているのかもしれない。


 休日を利用して、一気に読んでみた。
 集中力が持続するほどに体調が良くて、大体の内容を理解できるほどに頭の調子も悪くなければ(困ったことに、頭の不調はよくある)、可能であることが分かった。
 職場には、歴史参考書と共に、文庫本か新書を持って行くことにしよう。基本的にキリスト教関係になるとは思うけれど、月に一冊くらいはアメリカや中国の現状を知るための本も読みたい。


 今週号はアメリカのインフラ特集。ほとんどそれしか扱っていない。
 今アメリカはしっかりした青写真を作って、攻めのリビルディングをすることが必要な時らしい。
 あらゆるインフラが検討される中で、内陸の航路のことも俎上に上っていた。マーク・トウェインの国である。
 引用は何でもいいのだが、”What I would build” というテーマで専門家に短く答えてもらうコーナーで、Kate Ascher という人が日本の名を挙げていたところを。

Instead of quasi-privatized, superefficient national rail network, we have an unreliable patchwork system that defeats the federal government’s anemic attempts to revive it and forces Americans onto congested, heavily subsidized highways. If we can send humans to the moon, how come we can’t make trains run as fast or as punctually as Japan? (p.38)

広告を非表示にする