本の覚書

本と語学のはなし

TIME February 13, 2017

Time Asia [US] February 13 2017 (単号)

Time Asia [US] February 13 2017 (単号)

 定期購読を更新した。26イシュー分が無料になるということで、お得はお得なのだけど(均すと1イシューあたり約233円)、2年先までの継続が早くも決定してしまった。
 コツコツ続けていれば、やがて100パーセント近く理解できるようになるのかもしれない、と思って頑張るしかない。何に使うわけでもない、無駄な英語力ではあるけど。


 表紙の写真は、トランプ政権ナンバー2と言われるバノン。彼には特殊な増幅的循環史論のようなものがあるらしい。

And yet, he [historian Davit Kaiser] told Time, he was taken aback when Bannon began to argue that the current phase of history foreshadowed a massive new war. “I remember him saying, ‘Well, look, you have the American revolution, and then you have the Civil War, which was bigger than the revolution. And you have the Second World War, which was bigger than the Civil War,’” Kaiser said. “He even wanted me to say that on camera, and I was not willing.”

 アメリカは歴史の必然として、一定期間を経て大きな戦争を経験する。その戦争は、繰り返されるたびに、規模を拡大してゆく。そして今は、第二次世界大戦後の一定期間を経て、これより甚大な闘争の起こるべき時期に達しているのではないかというのである。
 甚だ危険な思想である。


 これと対照的なのは、ミハイル・ゴルバチョフの寄稿である。近影にはもう精悍な感じはないけれど、もちろんあのゴルビーだ。
 彼の認識もまた “It all looks as if the world is preparing for war.” であるには違いない。しかし、彼は国連安全保障理事会の理事国が動かねばならないし、そのイニシアティブを取るべきは、世界の核兵器の90パーセントを保有するアメリカとロシアの大統領、トランプとプーチンである、と強く主張する。

President Franklin D. Roosevelt once said one of the main freedom is freedom from fear. Today the burden of fear and stress of bearing it is felt by millions of people, and the main reason for it is militarism, armed conflicts, the arms race and the nuclear sword of Damocles. Ridding the world of this fear means making people freer. This should become a common goal. Many other problems would then be easier to resolve. The time to decide and act is now.

 「ダモクレスの剣」とは、頭上に髪の毛一筋で吊るされた剣のことである。たとえその下に座る者が栄華を極める王であっても、いつ何時髪の毛が切れ、剣が落下するとも知れない。

広告を非表示にする