本の覚書

本と語学のはなし

TIME January 16, 2017

Time Asia [US] January 16 2017 (単号)

Time Asia [US] January 16 2017 (単号)

 いきなりの大雪で、職場まで一時間以上かけて歩いてみたり、夜勤明けに雪かきに追われたり、疲弊した。
 今日は屋根の雪下ろしをするつもりでいたが、久しぶりに照る太陽がだいぶ雪の嵩を減らしてくれそうだ。もう少し様子を見ることにしよう。


 Botox という薬はボツリヌス菌から作られる。もちろん経口摂取するのは危険であるが、少量を注射した場合には、しわを取り除いてくれたり(というよりは作らない)、自殺願望を軽減してくれたり、いろんな効果を期待できるらしい。
 神経と筋肉の連携を妨げる機能を持つことから多くの効能は説明できるが、なぜそれに効くのか分からないものもあるという。
 面白いのはアメリカの制度である。

 It’s also not approved by the U.S. Food and Drug Administration (FDA) for depression, not that that stops doctors from prescribing it that way. Such off-label use of Botox, like that of any FDA-approved drug, is legal in the U.S. That’s because once a drug has been approved by the FDA for a condition, licensed physicians are legally allowed to prescribe it for any medical issue they think it could benefit, regardless of whether it’s been proved to work for that condition.

広告を非表示にする