読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の覚書

本と語学のはなし

TIME September 26, 2016

Time Asia [US] September 26 2016 (単号)

Time Asia [US] September 26 2016 (単号)

 最初は発売日(月曜日)に届いてたのに、先週は一日遅れ、今週は二日遅れで届いた。アジア版は香港から発送されるらしいので、気象の影響でも受けるのだろうか。


 Susanna Schrobsdorff のエッセイから。
 宗教的不可知論者である著者は、カトリックの母親、無神論父親のもとで育った。ただし、母親は父親と駆け落ちして以来、教会には通わなかった。子供らに宗教教育は施さず、聖書のことを聞かれても文字通りに受け取ってはならないというだけで、祈りの言葉を口にすることもなかった。
 宗教的な単一性を持たない家庭は多いようで、そういう環境で育った子供たちはいかなる宗教にも属さない Nones となることも多いようだ。

 People like me are on the rise. The “Nones,” those who are not affiliated with any religion, or are agnostic, or just plain atheist, are now almost a quarter of the population, says a recent study out of Duke University. There are 19 million more Nones now than there were in 2007. And at 56 million strong, there are more Americans who are unaffiliated than there are Catholics and mainline Protestants, according to a 2015 Pew Research report. Fewer than half of young adults ages 18 to 30 are sure God exists. In a few years, the largest “religion” in the U.S. will be None.

 彼女がこの記事を書こうと思ったのは、ヨガにはまり、そのスピリチュアルで儀式的な面にも惹かれていることを意識して、困惑を覚えたからである。

広告を非表示にする