本の覚書

本と語学のはなし

振り返る9月

▼久しぶりに短編小説の集いに参加した。
▼25日に参加を決め、きちんと構想を練らないまま、見切り発車で慌ただしく書き始めてしまった。ストーリーらしいストーリーはない。
▼やっぱりこういうものに参加するのでないと、なかなか自力で小説を書いたりはしないものである。今後も可能な限り出品してみたい。


▼読書も語学も相変わらず低調である。しかし、来月からは多少とも復活できそうに思う。

9月に読んだ本

広告を非表示にする