本の覚書

本と語学のはなし

購入9-1 『イエスという経験』参考文献表から

イエスについて何を知りうるか (シリーズ 現代のイエス理解)

イエスについて何を知りうるか (シリーズ 現代のイエス理解)

神の国の譬 (1964年)

神の国の譬 (1964年)

 以前読んだ大貫隆『イエスという経験』に取り上げられていた参考文献を、少しずつ購入していこうと思う。
 『イエスについて何を知りうるか』はパッと見たところ、聖書内外の資料の取り扱い説明書という感じ。
 『神の国の譬』はいわゆる「現在的終末論」。神の国は到来するものではなく、永遠の現在であるという。


 最近ブログを書いてなくて、どう書いたらいいのか忘れてしまった。

関連記事

広告を非表示にする