本の覚書

本と語学のはなし

あさきゆめみし (6)/大和和紀

あさきゆめみし(6) (講談社漫画文庫)

あさきゆめみし(6) (講談社漫画文庫)

 宇治十帖編。すでに光源氏はこの世になく、物語の中心は柏木と女三の宮の不義の子・薫、今上帝と明石の中宮の子・匂の宮の二人で、かつての光源氏と頭の中将のような趣であり、二人は八の宮の娘たちに恋をし、薫は姉の大君(おおいぎみ)を愛すが死んでしまい、匂の宮は妹の中の君を妻として迎え子をなし、一方で夕霧の娘・六の君とも結婚させられ、薫は薫で今上帝の娘・女二の宮と結婚させられるのだが、まるで実母の女三の宮が光源氏と結婚した時のように感情のほとんどない人形のようであり、大君を忘れられぬ薫の前には八の宮が別の女に生ませてながら実子として認めなかった浮舟が登場し、それが何とも大君そっくりなのであった。


 本編と似た場面が繰り返されながら、変奏されてゆく。食傷気味になりながらも、飽きることはなく、かえって繰り返しが奏功する。物語というのはこういうものだというお手本のようなもの。

広告を非表示にする