本の覚書

本と語学のはなし

あさきゆめみし (3)/大和和紀

あさきゆめみし(3) (講談社漫画文庫)

あさきゆめみし(3) (講談社漫画文庫)

 末摘花のことを忘れず、空蝉のことを思い出し、宮中では源氏方の梅壺の女御と頭の中将(現内大臣)方の弘徽殿の女御の間で絵合わせが戦われ、源氏の須磨の絵で勝負が決し、明石の上の生んだ姫君を紫の上が引き取り、ああ藤壺の宮が亡くなってしまい、冷泉帝は父の秘密を知り、槿(あさがお)の君はとうとう源氏を受けいれず、夕霧と雲居の雁の仲は引き離され、夕霧は学問に励み、新しい邸には源氏の恋人たちがみな集められ、夕顔と頭の中将の娘の玉鬘が発見されて源氏の娘ということにされるが、なんか危ういところがあって、などなど。


 私が原文で読んだのは、新しい邸に恋人たちを招集するあたりまで。これは女性にとって理想的な愛の形なんだろうか。不思議に思わないでもないが、しっかりとした後ろ見のない女性は没落するしかない世の中であれば、今の感覚とはまた随分違うのだろう。

広告を非表示にする