本の覚書

本と語学のはなし

デジャリュ?

方舟さくら丸 (新潮文庫)

方舟さくら丸 (新潮文庫)

 安部公房『方舟さくら丸』を始めたんだけど、なんだろう、不思議な既読感がある。初めてのはずなんだが。
 安部公房がいつも似たような世界を描くからそう感じるだけか。いや、描写のディテールに覚えがあるのだ。文庫本を買う時にちょっと立ち読みしたのかな。いやいや、ずいぶん先まで覚えているのだ。それとも、初めの数十ページを読んでやめたのだったろうか。でも途中で放棄したという記憶は全くないのだ。

関連記事

広告を非表示にする