本の覚書

本と語学のはなし

保険適用できかねます ―【第2回】「短歌の目」―

 先月は短歌の入門書や雑誌を読んで題詠に参加すべきか否かあれこれ考えたのですが、結局、日常的であれ空想的であれ観念的であれ、五七五七七ならば短歌であるということにしてもらおうと勝手に決定しました。
 今回は即興でほぼ推敲なしで行きます。

お題

1.入
トントンッ「入ってますか」トンットン「入ってますよ」「そうですか、では」

2.粉
粉を吹いた顔面たちが振り返る 脂ぎってはいけないのかい

3.新学期
席替えをしたくらいでは消え去らぬ 放屁王子の新学期 いざ

4.フール
ベルギーが蘭攻撃と仏が言う そんなエイプリル・フールもあった

5.摘
お客様 顔面摘出手術など保険適用できかねますが

6.異
太陽は推定無罪 異邦なる子らの撃鉄海にかれて

7.花祭り
花祭り甘露飴でも嘗めますか 天上天下唯我独尊

8.あらたまの
ぬばたまの宵にひさいで売り歩く たまきはる世のあらたまの春

9.届け
子らは嗤う 君に届けよにぎりっぺ 放屁王子の包皮は覆う

10.ひとつ
顔面はひとつながりで地を覆う 噛んでは嘗めて噛んでは千切り

注釈

4.フール

 フランスにはベルギーを馬鹿にしたベルギー・ジョークというのがあるらしい。ある年の4月1日のニュースでは、ベルギー・ジョークに業を煮やしたベルギーがフランスを攻めることにした。ところが、フランスの位置が分からないものだから、誤って逆方向のオランダに侵入してしまった、というのを放送したそうです。


6.異

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

 カミュ『異邦人』のイメージです。

広告を非表示にする