本の覚書

本と語学のはなし

購入2-4 歯飛び

自転車トラブル困ったときの一発解決事典

自転車トラブル困ったときの一発解決事典

SK11 コンビネーションレンチ SMS-15

SK11 コンビネーションレンチ SMS-15

エンジニア ナットドライバー DN-10

エンジニア ナットドライバー DN-10

▼だいぶ前から、力を入れて自転車のペダルを踏み込むと、ガタンという音と衝撃が起こるようになっていた。チェーンリング(歯車)とうまく噛み合わず、チェーンが滑っているようなのだ。いわゆる「歯飛び」である。
▼最近それがますますひどくなってきて、調子の悪い時は、ほとんどペダルを漕ぐたびガタンだったりカランだったり音がするようになった。
▼チェーンも外れやすくなった。この間は、家から職場まで約5キロの走行中に3度外れた。外れやすい分、直すのも簡単で一瞬にして終わるのだが、さすがに面倒くさいし危険でもある。


▼原因はいくつか考えられるようだ。チェーンリング、チェーン、ギアの劣化、ディレイラーの調整不良など。
▼とりあえずはチェーンのたるみがひどいので、これを直してみたい。プロに頼んでもいいが、自分でも簡単に修理できるらしい。後輪の車軸の位置をチェーン引きのナットによって調整するのである。
▼そこで、コンビネーションレンチ15mmとナットドライバー10mm、今後のために自転車トラブル対処法の本を購入する。


▼明日は休みなので自分で直してみる。
▼それでだめなら、チェーンかチェーンリングを交換しなくてはならないのだろう。15年も乗っている自転車だし、ここ数年は雨でも雪でも構わず酷使しているから、いろいろガタは来ているのだ。

広告を非表示にする