本の覚書

本と語学のはなし

購入


ハーマン・メルヴィル『幽霊船 他一篇』(坂下昇訳、岩波文庫
★『ホーソーン短篇小説集』(坂下昇編訳、岩波文庫


 岩波文庫の新刊と復刊からめぼしいものを追いかけるだけでも、本を増やさないという原則にやすやすとひっかかりそうだが、メルヴィルはどうしても買っておきたかった。ホーソーンはついでではあるけど、比較的最近までアメリカ文学といえばヘミングウェイしか知らなかったのを反省して。どうせ買うなら『緋文字』にするべきだったろうか。


 雨が降り、気温が下がって、助かっている。やや息を吹き返した。夏は最低限のことだけ確実にこなしていこう。最新の日課は、英仏の聞き取り、新聞、歴史か数学の参考書、ディプロ、タイム、英語かフランス語の小説(ローテーションの方法はまだ確定していない)、合間を縫って翻訳短篇小説、以上。

広告を非表示にする