本の覚書

本と語学のはなし

応募その2


 待てど暮らせどT社から返事は来ない。律義に一社ずつなんて考えていたら、いつまで経っても仕事を始められそうにない。
 仕方ないので、今日、A社にも応募した。こちらは応募した瞬間に自動的に返信メールが送られてきた。ビジネスとファイナンスの課題文をダウンロードして、これから取りかかる。


 ニューズウィークは先週で終わりだと思っていたら、今週号も届いた。タイムと重複してしまった。もったいない。しかし、早めにタイムへの切り替えに成功したということで、よしとしておこう。

America allows its citizens room to fail―and if they don’t succeed, to try, try again. (TIME, 3.22.2010, p.39)


 アメリカには失敗の自由があるという話は面白かった。

広告を非表示にする