本の覚書

本と語学のはなし

11月


◆上旬、通信講座課題二つに専念。中旬、気が抜け怠けがち。下旬、体調不良が続き、学習計画を見直し、スケジュール表をパソコンで作成する。全体的に、本も読まず低調な日々だった。
◆通信講座ビジネスコースは金融証券編。金融についてしっかり学べば何とかなる。たぶん。
◆金融英語、英作文、数学の参考書をローテーションで。
モーム『月と六ペンス』読了。
◆久々に「ディプロマティク」が届く。
◆冬場は図書館に通うのをやめて、水泳をすることにした。半年券購入。
◆11月の一冊は、モーム『月と六ペンス』。


【11月に読んだ本】
スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー』(村上春樹訳,中央公論社
●西村信勝ほか『基礎からわかる金融英語の意味と読み方』(日興企画)
●W. Somerset Maugham『The Moon and Sixpence』(Dover
モーム『月と六ペンス』(行方昭夫訳,岩波文庫

広告を非表示にする