本の覚書

本と語学のはなし

1周年


 Hatena Diaryに引っ越して1年になる。
 昨年11月からは毎日更新するようになった。雲の写真を載せるため、書くことがない時でも無理やり文章を捻り出すようになったのだ。
 そろそろそれも止めようと思う。かつてDiary Noteにいた頃のタイトルは「本のおぼえがき」と言って、基本的には読んだり買ったりした本について書いていた。今はそれに語学を加え、投資をするようであれば折々失われた財産について触れ、ギャンブルに成功して旅行に行くことがあれば旅日記をしたためる。書くべきことがあれば、もちろん日常生活のことでも今までどおり書く。それでよい。
 で、写真は撮ったのに書くことはないという日はどうするか。写真はお蔵入りにする。どうしてもフラストレーションが溜まるようであれば、「貼り付けるのは当日撮影した写真に限る」という原則を撤廃するかもしれない。すぐにそうなりそうな気がする。それでもよい。

広告を非表示にする