本の覚書

本と語学のはなし

仏電子辞書


★A.C.チャン『現代経済学の数学基礎』上・下(大住栄治ほか訳,シーエービー出版)
★西村和雄・おやまだ祥子『まんがDE入門経済数学』(日本評論社
★小笠原誠治『図解入門ビジネス 経済指標の読み解き方がよ〜くわかる本』(秀和システム
★松田哲『図解入門ビジネス 外国為替の基本とカラクリがよ〜くわかる本』(秀和システム
★松田哲『ドル円ユーロ投資入門』(日経BP
★ダイヤモンド・ザイ編集部編『一番売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門』(ダイヤモンド社
★朝倉智也『投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ランダムハウス講談社
★北村慶『貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』(PHP
藤巻健史『マネーはこう動く 知識ゼロでわかる実践・経済学』(光文社)
藤巻健史外資の常識』(日経ビジネス人文庫
★CASIO EX-word XD-GP7250(『ロベール仏和大辞典』入り電子辞書)


 今思うと、藤巻健史の『実践・金融マーケット集中講義』(光文社新書)ってなかなかいい本だったんではないか。再読せねば。


 とうとうフランス語の電子辞書を購入した。『異邦人』で試してみる。どちらかと言うと「ル・モンド」を読むときに活躍するのではないかと思うが、未だ慣れない。タッチペンは便利なのか?


広告を非表示にする