本の覚書

本と語学のはなし


☆『100のフレーズ』『英文精読講義』
☆「イングリッシュ・プラス」
☆「ニューズウィーク」「ル・モンド
☆『月と六ペンス』『異邦人』『実践理性批判
☆『翻訳と日本の近代』


 最初の頃に較べるとだいぶ集中力が増してきた。修正した時間割もなかなかよい。
 雨の中を歩いて図書館に行くのは今日が初めて。横なぐりの雨、夏の暑さ、冬の雪。どこまで我慢できるだろうか。帰ろうと思ったら、早速傘の盗難にあったらしい。かばんの中から折畳み傘を取り出す。今度からビニール袋を使わなくてはいけないだろうか。
 電子辞書の説明書を読む。明日は『プログレッシブ』を携えずに図書館に行ってみる。
 ドイツ語を週に一度しか読まないとなると、あまり辞書のお世話にならずにすむカントに乗り換えるべきだろうかということで、久し振りに『実践理性批判』をちょっとだけ。当面こういう衝動に襲われることもあるだろうが、今は『変身』を続けることにする。

広告を非表示にする