本の覚書

本と語学のはなし

文学へ

 仕事をして寝るだけの生活をしていると書くことなんて何もない。何も捻り出すことができないので、過去の日記を読んでみた。文学を読んでいた頃の記事が思いのほか面白かった。

広告を非表示にする