本の覚書

本と語学のはなし

休日出勤


 すっかり二重生活が常態となってしまった。
 朝方ふとんに入っても十分寝ることは出来ない。仕事が終わる頃にはへとへとである。昨日は夕食後に就寝。10時過ぎに目が覚めたが、第2の生活には入らず、そのまま眠り続けた。
 その代わり今朝は4時過ぎに起床。英仏独の文学、仏雑誌、一昨日から始めた加藤尚武『応用倫理学のすすめ』(丸善ライブラリー)を読む。風呂に入り、朝食をとり、休日出勤。夕方にはまた猛烈な睡魔に襲われる。
 無理な生活なのだ。

広告を非表示にする