本の覚書

本と語学のはなし

『パーク・ライフ』

吉田修一パーク・ライフ』(文春文庫)
 芥川賞の表題作と「flowers」を収録。
 面白く読めるのだが、それだけ。吉田修一を好んで読む友人のホームページを見たら、どうやらこの本から入ってはいけなかったらしい。不幸にも私はこの本から入ってしまった。今後吉田に手が伸びるという予感はあまりない。
 なんだか、しばらく本の感想はなげやりになりそうな気がする。


パーク・ライフ (文春文庫)

パーク・ライフ (文春文庫)

広告を非表示にする