本の覚書

本と語学のはなし

『熊の場所』

舞城王太郎熊の場所』(講談社文庫)
 「熊の場所」「バット男」「ピコーン!」の3作を収める。
 書かれていることの凄惨さにもかかわらず、この文体のために救われていると思っている人は多いようだけど、逆ではないか。全てが許されるこの文体だからこそ、凄惨な事件が生じずには済まないのではないか。
 しかし、町田康の時もそうであったが、もっと無茶な文体を想像していたのに、案外ありえる範囲内であった、というのが正直な感想だ。
 この本はマイジョー入門として認知されているようだけど、私はとりあえず入門だけにして、長編は遠慮しておこう。


熊の場所 (講談社文庫)

熊の場所 (講談社文庫)

広告を非表示にする